みんなの妊娠用語・出産用語辞典

[黄体ホルモン(プロゲステロン)]の用語解説

●妊娠すると高温期が続くのは黄体ホルモンの影響です
 黄体ホルモンは、妊娠を維持するために必要なホルモンです。乳腺(にゅうせん)の発達や、体温を上昇させる働きもあります。
 成熟した卵胞から卵胞ホルモンが分泌され、この量がピークになると、脳の視床下部でキャッチされ、今度は下垂体から黄体化ホルモン(LH)の分泌が始まります。すると、卵巣内の卵胞に作用して排卵が起こります。黄体ホルモンは子宮内膜をやわらかなベッドのような状態に仕上げ、約2週間、受精卵を待ち受けていますが、受精が起こらないと卵胞ホルモンとともに分泌量が減り、子宮内膜がはがれ落ちて月経が始まります。
 妊娠すると卵胞ホルモンは分娩まで増加し続けますが、黄体ホルモンは妊娠8〜9カ月でピークとなり、その後分娩まで低下します。黄体ホルモンの影響で高くなっていた体温は妊娠4カ月以降、次第に正常に戻ります。

妊娠初期の基礎情報に戻る

みんなで話そう ウィメンズパークおしゃべり広場

会員登録(無料)「おしゃべり広場」をご覧いただくには、ウィメンズパークへの会員登録が必要です。

 

[黄体ホルモン(プロゲステロン)]についてみんなの話を参考にしよう!

  ※発言を全文読むには、ウィメンズパークへの会員登録(女性限定・登録無料)が必要です。

現在、おしゃべり広場には参考になる発言はありません。
おしゃべり広場には先輩ママからのアドバイスが満載です。

[黄体ホルモン(プロゲステロン)]関連用語

卵胞ホルモン(エストロゲン)

妊娠初期注目用語

妊娠1カ月(妊娠成立期妊娠4週未満) 妊娠2カ月(妊娠4〜7週)
妊娠3カ月(妊娠8〜11週) 妊娠4カ月(妊娠12〜15週)
児頭大横径(BPD) カフェイン
葉酸 薬(処方薬・市販薬)
たばこ お酒(アルコール)
おなかの張り 出血

みんなの妊娠用語・出産用語辞典 用語検索

キーワードを入力